リリカの使用上の注意

痛み止めとして使用されるリリカ。リリカを使用する上での注意とは!? - リリカは不安障害にも効果がある

リリカは不安障害にも効果がある

リリカは神経性の痛みに効果があると言われているのですが、痛みにだけ効果がある薬ではありません。リリカの成分のプレガバリン、これは不安障害にも効果があることが分かっています。不安障害についてここでは見ていきましょう。

保険適用にはなっていない

全般性不安障害に対してリリカを処方することで効果があると言われているのですが、まだ保険適用には至らないので、処方される場合には自費での処方ということになります。精神障害に悩んでいる人は年々増えていると言われています。元々精神が弱くはなかった人でも、今はストレスや複雑な人間関係等が関係して、精神障害になる人は増えています。全般性不安障害は何に対しても不安が強くなる症状です。

鍵をかけたか分からず出かけられない

普通だったら鍵をかけたか不安な時は1回戻って確かめて出かけると思います。しかし不安障害の人は、鍵をかけたか確かめて歩きだしたのにも関わらず、また鍵をかけていないのではないかと戻ってしまい、鍵をかけてはまた戻り、またかけては戻りといったことを繰り返して結局出かけることができないという事を繰り返してしまうのです。これが全般性不安障害と呼ばれる障害です。

リリカの副作用

リリカを精神障害の不安障害で治療として服用している場合には副作用があることでも知られているので、副作用については注意が必要です。一部のガイドラインにおいて推奨レベルが高く設定されているものの、副作用についてのことも記載がありますので、注意が必要です。どのような副作用があるのかといえば、眠気、めまい等があります。運転を仕事にしていたり、機械を操作するような仕事についている人は注意が必要です。

関連する記事

Copyright(C)2017 リリカの使用上の注意 All Rights Reserved.