リリカの使用上の注意

痛み止めとして使用されるリリカ。リリカを使用する上での注意とは!? - リリカの副作用について

リリカの副作用について

リリカは神経性の痛み、精神障害の不安障害の改善に使用されている薬です。安全に使用できる薬であっても副作用はどのような薬にもあります。ここではリリカの副作用についてみていきましょう。どのような副作用が現れるのでしょうか。

眠気とめまい

主な副作用として言われていることは眠気とめまいです。副作用で比較的頻度が高いと言われており、注意が必要なこの二つの症状については注意しておきましょう。高齢者、成人でも、腎機能が下がっている人は、特にめまいを頻繁に感じることがあると言われていますめまいから歩行時にふらつきがあり転倒して骨折してしまうこともあると言われていますので気をつける必要があるでしょう。

少ない量から

服用する際は最初は副作用のことも考慮しているために薬の量を減らし気味にしてスタートさせることが多いのですが、飲み続けているうちにだんだん慣れてくると眠気、めまい等が減ると言われています。それでも薬の服用を初めて最初の頃、薬剤を増やしたタイミング等では、副作用が現れることもありますので注意が必要です。

それ以外の副作用について

めまいと眠気については主な副作用ですが、それ以外の副作用は頭痛と不眠、そして便秘と浮腫等があります。それほど高い頻度ではないのですが、心不全、腎障害等も起こることがあると言われていますのでこちらに対しても注意が必要です。痛み止めとして常用しなければいけない状況の人もいるでしょう。リリカは危険な薬では決してないのですが、副作用はどのような薬にとってもあるものですので、どのような副作用があるのかということをしっかりと理解しておくことが大事でしょう。しっかりと理解しておくことで安心して服用できます。

関連する記事

Copyright(C)2017 リリカの使用上の注意 All Rights Reserved.